ユートピア機器株式会社 〜シアターキングのご紹介〜
ユートピア機器株式会社〜
 
   
HOME ソリューション プロダクト ご購入方法 お問い合せ
 
ユートピアは様々な音楽環境に合わせたスピーカーをご提案いたします。

 ユートピア機器は設立以来、35年に渡り、真髄の「スピーカーエンクロジュア」、「オーディオラック」をデザイン・製作し、国内・海外へ販売を行うとともに関連製品を海外より輸入し、オーディオ機器の基準である「楽器の音を充実に再生」することを常に研究、努力しております。

 長年の経験で、音の流れの構造、木の材質、板厚、スピーカーの相性、日本の住宅事情、気候などを研究・デザインし、熟練者により仕上げられたエンクロジュアはその数70機種にも昇ります。

 スピーカーシステムはご存知の通りオーディオ機器の中で極めて重要で、スピーカーユニットの特性を発揮するには優れたスピーカーエンクロジュアが必要となります。


 ユートピア機器は下記のような音楽の再生環境を常に意識したスピーカーエンクロジュア製品を開発しています。

ユートピアのスピーカーでクラシックを聴く
ユートピアのスピーカーでクラシックを聴く  クラシック音楽の演奏は、大きなホールで2〜5秒の残響音が残るようにしています。再生音のスピーカシステムでは、200Hz〜30Hzの周波数を2〜5秒、再生時に残すためにBOXの構造を長いバックロードホーンで設計しなければなりません。
 ユートピアのスピーカエンクロジュアは手造りで長いバックロードホーンを造りBOX内部に収納していますので、コンサートホールと同等の音が再生されます。又、長いロードを残響音が通過する時、木の材質により音の変化が起きない様、最も適する米松合板が使用されています。
 弊社はこれらのスピーカエンクロジュアと最適なスピーカユニットとを組み合わせ、35年間生産し続け、楽器の形状と同様に変化せず、クラシック音楽の忠実再生を守り続けています。
ユートピアのスピーカーでジャズを聴く
 ジャズ音楽の愛好家の方々がスピーカシステムを選ぶ時、よくジャズ向きかクラシック向きかと聞かれます。しかし、良いスピーカシステムはジャンルに拘らず、各種楽器の残響音を100%BOXの外部に放出します。ラシックが良ければジャズでも良いはずです。

 弊社のファミリーキング構造のスピーカシステムは、ジャズライブハウスでも、コンサートホールでも、音楽の演奏を同等忠実に再生いたします。
ユートピアのスピーカーでジャズを聴く
ユートピア製品とホームシアターとの相性
ユートピア製品とホームシアターとの相性  21世紀は家庭で音楽と同時に画像も楽しむ時代となりました。いわば、DVDにプラズマ、液晶、プロジェクターのホームシアターの時代です。これは、自宅で映画館やコンサートホールを再現することです。映画館やコンサートホールに足を運ぶのは視覚や聴覚を満足させる為です。そこで考えなければならない事は、技術の進歩により画像は鮮明に美しく再現されるようになってきたのに対し、オーディオ(音像)の方は自然とはかなり異なった音で再生されているという事です。
 ユートピアのスピーカーシステムは上記に述べた様に、大変自然な、生と同等の音楽を再生させることができます。画像とは切り離せないものになるでしょう。
ユートピア製品でデジタル音源を再生する
 デジタル音源は、アナログ時代より精密度・小型化を追求し、IC時代に誕生した音源です。全ての楽器は数百年の間小型化もなければ変形することもありませんでした。ここ数年、毎年のようにデジタル音源は進化を続けていますが、楽器は変わることはありません。

 この場合、変化し続けているデジタル音源の残音響を2〜3秒残すために、アナログアンプ/スピーカシステムを通す事で自然な音響に生まれ変わります。アナログオーディオの世界は楽器の名器と同じ様に、世界の財産となっていく事は間違いありません。
ユートピア製品でデジタル音源を再生する
HOMEPAGE TOP
 
 
会社案内  サイトポリシー © UTOPIA INSTRUMENT CO.,LTD. All Rights Reserved.